企業戦略の一つになった販売促進|CRMを導入しましょう

男性と女性

大規模センターこそ必須

女の人

コールセンターにおけるCRMシステムで最も重要なポイントはコール予測の作成です。コール予測はシフト作成や応答率に大きな影響を及ぼすため非常に重要なのです。管理するためにはレポートを分析する能力も必要です。

もっと読む

CRMを活用した販売強化

パソコン

販売強化に役立つIT技術

企業の業績は自社で扱う商品やサービスの販売によって支えられており、基本的には多く売れるほど高い収益につながるものです。最終的な損益は原価や経費との兼ね合いによっても左右されますが、売上高が低ければ高収益は期待できません。そのため多くの企業が販売促進のために頭をひねり、さまざまな工夫を行ってきました。売上を増やすためには売れる商品やサービスの開発も当然欠かせませんが、広告や宣伝に関わる営業活動は特に重要です。どんなに優れた商品を開発しても、その利点が顧客に伝わらなければ販売に結びつかないのです。大半の企業が営業活動の重要性を強く認識しており、広告や宣伝には何らかの形で予算を投じています。しかしながらそうした商品本位の戦略だけでは、販売促進として十分ではありません。一歩進んだ販売促進のあり方を見ると、商品よりも顧客を主体とした営業戦略に重きを置いています。IT技術の進歩によって高度な顧客管理が可能となった現在、顧客管理データベースを販売促進へと結びつける手法が注目されているのです。顧客関係管理を意味するCRMは営業支援ソフトとして開発された製品ですが、販売促進に役立てることも可能なのです。

CRM導入の効果

顧客データベースとの連携を通じて1人1人の顧客を徹底管理するCRMは、不特定多数の見込客に広く浅く働きかける広告やCMの対極に位置する販売促進の手法です。一見すると非効率的に思えるかもしれませんが、CRMを活用することで見込客を優良顧客へと育てることが可能になります。購買可能性の不確かな見込客100人に働きかけるよりも、1人の優良顧客に働きかける方がよほど効率的な販売促進方法と言えるのです。CRMの顧客管理を活用した販売促進の応用例としては、DMの送付やメルマガによるキャンペーン通知などが挙げられます。多くの小売店舗や通販サイトで利用されているポイント還元も、CRMを介することで実店舗と通販サイトの融合が可能になるのです。過去の購入履歴や来店履歴をDM・メール広告に活用するようなアイデアも、CRMを使えば容易に実現します。こうした販売促進テクニックは一般消費者を対象としたビジネスに限らず、企業向けのBtoB型ビジネスにも十分に応用できます。CRMのようなIT技術をフル活用して高度な販売促進活動を行っている企業では、売上と業績の着実な向上により右肩上がりの成長を続けているのです。

営業支援サービスの特徴

会社

営業支援のための営業日報サービスは、営業マンの手間を省ける便利なものです。クラウドを利用するものならば出先からリアルタイムで入力できるからです。あとは継続して使用できるように入力項目をいかに必要最低限にするかが課題となります。

もっと読む

製品の展示とその方法

展示

開発した製品などを展示会に出展し、取引先を見つけることがある。これらの展示において、ブースは重要な役割を果たす。ブースの見た目などにより、見に来てくれるか変わる可能性が有るためである。これらを施工してもらう際には、デザインなどを伝えることで制作してもらえる。

もっと読む